Sponsored link

カヴァティーナをギターやウクレレで♪

昔(1970年代)、友人に「カヴァティーナって曲を知ってる?」と言われ、
ギター弾きにとって「カヴァティーナ」と言えばTansmanの組曲だったので、
それを弾くと「それじゃないな」、と言うことがありました。

彼の言っていたのは、「ディア・ハンター(The Deer Hunter)」という
1978年公開の映画に使われたギター曲のことだと知るのに、そう時間は
かかりませんでした。

主演はロバート・デ・ニーロで、1960年代末期におけるベトナム戦争での
過酷な体験が原因で、心身共に深く傷を負った若き3人のベトナム帰還兵の
生と死、彼らと仲間たちの友情を描いています。

この曲は、戦争に参加し、身も心も傷つき主人公が帰郷した時に流れてきます。

作曲はイギリスのStanley Myers(1930-1993)で、オーストラリア出身の
クラシック・ギター奏者ジョン・ウィリアムズ(John Williams/1941-)が
演奏を担当。
https://youtu.be/gGycDDqBuX8
一般的には彼の編曲で弾かれるのですが、中級レベルでもちょっと難しい
ところがあり、友人が苦労していたので、より簡単に弾けるように低目の
ポジションで編曲してみました。



ギター楽譜はこちら
http://www.dojinongaku.com/contents/goods_detail.php?goid=37486

その楽譜を眺めているうちに、ウクレレでも弾けるかな?と思い、編曲
してみました。



ウクレレ楽譜はこちら
http://www.dojinongaku.com/contents/goods_detail.php?goid=37466


この曲には歌詞が付けられ、イギリスのクレオ・レーン(Dame Cleo Laine/1927-)
との共演で「He Was Beautiful」としても親しまれています。