Sponsored link

天井に断熱材を入れる

今日は雪模様なので、内職?!
古い家に越してきたので、歪みを直すついでに床下に断熱材を
入れてもらったのですが、壁や天井はそのまま。
窓は少しずつポリカ中空ボードを貼り進めていました。
そこで今回は天井に断熱材(グラスウール)を入れることにしました。

8部屋のうち、生活に使っている4部屋だけでも本格的に
寒くなる前に断熱工事しなくてはなりません、って、もう
すでに寒いですが。
yaneura.jpg
床の間の上の天井にに40cm四方ぐらいの点検口があったので、
倍の広さに切り拡げ、断熱材を運び入れました。

和室の上なので構造上乗ることが出来ず、長い棒で奥まで
断熱材を押し込みました。
三角屋根部分は比較的楽に出来ましたが、問題は2階が
乗っている部分で、隙間が40cm位しかありません。
這うように潜り込んで、なんとか端まで押し込みましたが、
寒いはずが汗をかくほど大変でした。
yaneura2.jpg
隣り合った和室の方は太い梁に阻まれてしまい、2階の部屋の
押入れの床板をはずして、反対側から断熱材を押し入れましたが、
中央部分がどちらからも太い梁に阻まれて届きません。
今日はここまで、残りはまた後日、2階の畳を上げて床板を
外してやることにしました。

今の所、前の家で使っていた富士通のホットマン1台で
結構暖かく暮らせていますので、そのままこの冬を越せるかな?

メロディーハープ

天童市の「2nd STREET」で中古のリバーブを見つけたので、
店員さんにショーケースを開けてもらい、ふと、横を見ると、
小さな弦楽器が、ななな〜んと¥700で売られていました。
これは買わずにはいられません!
(後で調べるとAmazonで¥6500で売ってました。)
表面にMELODY HARPと書いてあり、
裏にはHandmade in Romaniaと書いてありました。
15弦で世界一簡単なハープという感じです。
melodyharp2.JPG
低いGから高いg'まで2オクターブに調弦するのが基本らしいので、
ドとソの弦の下に目印を付け、最低音のGをEに、真ん中のgをg#に
調律して、竹下夢二の歌詞で有名な「宵待草」を弾いてみました。

作曲 ; 多 忠亮