Sponsored link

三月のうた

三月になると年度末と言うことで、学生や公務員(?)、はたまた土建屋さんまで、
なにやらあわただしくなるようですが、自営業の私にはいつもの日常です。
確定申告を書くことぐらいが、いつもとは違うか...

三月になると思い出される武満徹の「三月のうた」、
元々は映画「最後の審判(1965年)」のための作品。
仲代達也さん主演のスリラーです。

ドラマ「金八先生」によって石川セリさんの歌がヒットしたそうですが、
私が最初に聞いたのは加藤登紀子さんのもので、版画家の
山本容子さんがプロデュースした「エンジェルズ・ティアーズ」に
収録されていました。
詩は谷川俊太郎。


わたしは花を捨てて行く
ものみな芽吹く三月に

わたしは道を捨てて行く
子等のかけだす三月に

わたしは愛だけを抱いて行く
よろこびとおそれとおまえ

おまえの笑う三月に



石川セリさんの歌い方のほうが好きかな、曲調は暗いけど
歌詞は前向きな潔さが感じられます、一番大切なものは
捨てていないし。



わたしもウクレレ用にアレンジして弾いてみました。


ウクレレ楽譜(五線譜+TAB譜)はこちらを。
http://www.dojinongaku.com/contents/goods_detail.php?goid=34307
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック