Sponsored link

ピアソラのオブリヴィオン

「オブリヴィオン (忘却)」はピアソラ(Astor Piazzolla 1921〜1992)が
イタリア映画「エンリコ(アンリ)4世(1984)」の為に作った曲です。
イタリアの名優、マルチェロ・マストロヤンニとクラウディア・カルディナーレが
共演したのですが、映画がヒットせずにテーマ曲の方もまさに”忘れられて”
いました。
https://youtu.be/D2OK4EpV4Iw
その後、カンツォーネ歌手のミルバがフランス語で歌い、広く知られるように
なりました。
https://youtu.be/lzC1kKZGxBg
ミロンガ(milonga)のリズム(8分音符で3+3+2)が特徴的で、過ぎ去りし
愛を偲ぶロマンチックな歌詞です。
http://lapineagile.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
私はピアソラの曲の中で、哀愁と情熱を秘めたこの曲が一番のお気に入りです。
ギター用に編曲して、時々弾いています。

「オブリヴィオン Oblivion 」 milonga 1984
Astor Piazzolla

ギター演奏動画
https://youtu.be/OOMw7mf_Duk

ギター楽譜(TAB譜付きPDFファイル)
http://www.dojinongaku.com/contents/goods_detail.php?goid=38585
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック