Sponsored link

詩に曲をつける

毎年、文化の日(11/3)に開かれている仙台の「定禅寺ストリート
杜の都のアート展」、2年前にも訪れたのですが、今年は友人の誘いで
「Indian Express」のコンサートを聴きに仙台まで出かけたので、
ついでに見に行ってきました。

前回、作品を買わせていただいた「わたもも」さんや
http://ameblo.jp/watamomo-55/
古布作家の佐藤とし子さんとは楽しく話をしましたが、新たに
話しかけたのは、楽しい作風に魅せられた「naponpo」さん、
http://www5.hp-ez.com/hp/naponpo/
その場で朝から描き上げた絵にエスニックな味を感じた
「梨花ツムリ」さん、
https://rikatsumuri.jimdo.com/
そして、詩人の「千葉れいな」さん。
https://chocoreina.jimdo.com/

千葉さんにいただいた詩集を読んでいるうちにメロディーが浮かんで
きて、曲としてまとめてみました。

「月」と「帰りみち」
https://youtu.be/x2rC5zi7Ed4

”また会える”という名前の船にのって
https://youtu.be/_YHh3_mZ_OI

千葉さんにお知らせしたところ、気に入っていただいて、12/23に
仙台文学館で開かれる朗読会「歳送り春待ち」で演奏させて
いただくことになりました。

新たな詩に音楽を添わせることになって、また楽しみが増えました。

ウクレレ=ハワイアン というイメージが変わるといいな、
と思い、もっぱらウクレレを使って作曲しています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。