Sponsored link

山形でコンサート

11月1日から5日にかけて、再び山形に行ってきました。
今回は車なので、一般道で佐久ICまで行き、高速道へ乗り、
蔵王近くの関沢ICまで途中休憩も含めて7時間で着きました。

みんなのそら・いろ」で開かれている「うさと展」が目的地です。
友人のYさんが主宰していて、押しかけ(?)コンサートをする
ことになったのです。
その晩、イタリアレストランでYさんが首肩が凝っているというので、
早速イネイト療法のFITをしました。 
椅子に座って後ろを向いているYさん「えー、何してるの?」、
もう一人の女性「ただ後ろで指さしてるだけだよ!?」、
Yさん「あれー、治っちゃった、なんで〜?」
1分で解消!イネイトが流れましたね、良かった、えがったなっす。

11/2は雨模様でしたが、霞城公園の駐車場(無料だからありがたいです)に
車を置いて、市内をぶらぶら。
山形は古い建物が結構残っていて、興味深いです。
3時から「みんなのそら・いろ」でミニ・コンサートを開きました。
私も持参の「うさと」のズボンをはいて勝負服(!?)
concert3.jpg
カリンバ、ウクレレ、ダルシマーで50分ほど演奏。
演奏後の談話タイムが楽しかったですね。
「うさと展」の打ち上げは、山形駅前の居酒屋で。
美人ママが切り盛りしていて、とても寛げる雰囲気でした。

11/3は仙台までバスで行き、定禅寺通りで開かれている「杜の都の
アート展」と青葉区祭りを楽しみました。
「メディアテーク」でアート本やCDを買い、アーケード街で「中島潔」展
を鑑賞、色々楽しめて、さすが東北随一の都会です。
バスで山形に戻り、夕食は新鮮な魚料理が手軽に堪能できる「金彦」で、
美味しいハタハタを頂きました。

11/4はホテル近くの「文翔館」を見学、ロケにもよく使われる建物で、
展示もなかなか興味深いです。
ギャラリーでは「村山地区高校書道展」が開かれていました。
斎藤茂吉のうたがたくさん採り上げられていて、しみじみとした感動が
味わえました。
Yさんを拾って、上山市の「くだものうつわ」さんでカリンバ用の
木材について相談。
昼食は一昨日話題に上がった「ありんくりん(沖縄方言で
あれもこれも)」で頂くことに。
「ありんくりんランチ」はコーヒーとデザートが付いて
¥1080、安過ぎます!!
16.lunch.jpg
小鉢料理がたくさんついて、しかも器が一つ一つ違うもので、
これまた素敵な時間を過ごさせて頂きました。
上山城の周りには武家屋敷が残っていて、庭の紅葉も美しく、
しかも縁側Loveな私たちには堪らない情景でした。
城下は温泉街でもあります。
夕食はホテル近くにある「ほっとなる横丁」の居酒屋
「酒粋Bonne]で「花餃子」、純米吟醸三酒「飲み比べセット」、
向かいの「海鮮庄内さかい藩」から出前したもらった銀ムツは
とてもおいしゅうございました。
22.nomikurabe.jpg
飲み比べでは二人の好みは同じ青いグラスのでした。
食べたりない(?)のでモスBGで夜食と言うか、延々と
談笑。

11/5は朝4:30に目が覚めてしまい、昨晩の話がキッカケで、
着物関係の新しいアイディアが浮かび、スケッチ。
Yさんを拾って、そのアイディアの話で盛り上がりました。
東北芸術工科大学の近くにある「山形エコハウス」を
見学に行きましたが、初期投資がかなりかかりそうです。
取り敢えず、断熱材を厚くすることは自分でも取り入れ
られるかな。
ランチは、カリンバ用のポシェット(?)を作ってもらった
社会福祉法人の「桜舎かふぇ」で頂くことに。
施設長のAさんと「カリンバを作ってクリスマスソングを
弾こう」の企画について相談、12月に開催することに
なりました。

帰りは「蔵王IC]から高速道に入り、一路わが家へ。
途中、正面の夕焼けがきれいで、走りながらカメラで
パチリ。
30.evening.jpg
今回もたくさん楽しい思い出が作れました、皆さん
ありがとうございました。


瑞牆山の紅葉

このところ例年になく暖かい穏やかな日が続く、ここ北杜市ですが、
今日は市内須玉町の奥にある瑞牆山に行ってきました。
mizugakiyama.jpg
先週末の清里のカンティフェアでも付近の紅葉を楽しめましたが、
ここは格別の環境でもあります。
2001年に天皇皇后両陛下がお手植えされた恩賜林公園があり、
知る人ぞ知る絶好の紅葉スポットです。
そこで友人たちと世界各国の国旗を並べ平和を祈ってきました。
flags.jpg
増冨温泉郷の脇を流れる本谷川沿いも撮影スポットの一つです。
hontanigawa.jpg
このところ注文制作に没頭していたので、良い息抜きにもなった
一日でした。
タグ:瑞牆山 紅葉

「お田植え祭 2015」 五風十雨農場

2015年5月30日
五風十雨農場」で田植えイベントが開かれ、家族連れを中心にたくさんの方が
参加されました。

子供たちは体中泥んこになりながら田植えを体験、その後も水を張った田んぼで
鱒の掴み取り。
その間は五風十雨楽士団による生演奏が雰囲気を盛り上げました。
泥だらけの子供たちはドラム缶風呂で汗を流し、焼いた鱒や美味しい自然食
ランチを楽しみました。
午後はアフリカの太鼓でリズム遊び、キャンドル製作、ウッドガスストーブ
製作、ヨガ、マッサージ、ファイヤーダンスなど大人も楽しめる盛り
だくさんのプログラムでした。



タイ式マッサージをしていた山岸利安くんにイネイト療法の話をした
ところ、関心を持ってくれたので、癒し人ペンで人体図に具合が悪い所を
黒く塗りつぶしてもらい、左手の人差し指と中指でFITを行ない、
右手のひら→左手のひらでECTを行なったところ、目(視界)がスッキリし
歩くときも痛みによる違和感が無くなったとのことでした。
彼は夜にファイヤーダンスもしたのですが、ぬかるむ田んぼにも
かかわらず、印象的な演技を披露しました。
宿泊の方々は、翌朝はヨガで一日のスタートだそうです。


音楽 ; 「岩清水」 五風十雨楽士団

酒蔵には骨董が似合う?

10月19〜21日は市内の白州町で「台ヶ原宿市」に
出展しました。
旧街道沿いを歩行者天国にして開催されます。
http://www.hokuto-kanko.jp/calendar/result.php?id=00711

shichiken1.jpg

骨董市も山梨酒蔵「七賢」の中で開催されていて、
お客様はもっぱらそちらが目当てのようです。
初日は金曜日にもかかわらず、たくさん買い込んだ
人たちが、クラフトには眼もくれずもうやだ〜(悲しい顔)通り過ぎて行きました。

「七賢」は寛延三年(1750年)、初代蔵元 中屋伊兵衛が、
甲州街道の宿場町だったこの地に創業しました。
日本の名水百選に選ばれた甲斐駒ケ岳の伏流水が、
仕込み水として七賢を育んできたと言えます。
また、明治天皇の行在所としてお使いいただいた母屋奥座敷が、
文部省(現文部科学省)の史蹟に指定され、現在は山梨県
指定有形文化財とされています。
http://www.sake-shichiken.co.jp/index.html


日曜日には、地元の「甲州台ヶ原宿虎頭の舞保存会」による
演技も披露されました。



3日間も出ていると、いつものクラフト市以上に
何回も遊びにきてくれる子どもたちがいて、とても
楽しいものです。
そんな子どもたちも伝統をしっかり引き継いでいます。
toragashira.jpg

楽器製作に飽きた(?)ときに、お絵かき気分で
作っている木画ですが、前に「家だけ欲しい」と言われ、
カードスタンドとして家も作ってみました。
iejikardstand.jpg
「トイレの窓辺に飾ろう」と買っていく人が多い(?)
みたいです。 毎日、何回も見てもらえますねわーい(嬉しい顔)

金環食とオーブ

本日、2012年5月21日は日本中で「金環日食」が話題でした。

ニュースでも台湾(残念ながら曇り空でしたが)から始まり、
九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、
関東地方など太平洋沿岸の広範囲で金環日食を見る様子が
放映されてました。

日本の陸地に限ると、1987年9月23日に沖縄本島などで
見られた時以来のことで、次回も2030年6月1日に北海道で
見られるまで、18年間起こらないほど珍しいのですね。
「部分日食」は今回も全国で見ることはできたのですがね。


こう書いていて、ちょっと気になるのが「日食」の字です。
どうも「日蝕」と書くのに比べて、食堂の定食みたいで
趣が無い感じです。
台湾の繁体字にふれるようになってから、元の意味を
分からなくしてしまう簡略化はよろしくないのではと
思っています。
中国の簡体字なんかひどい(!)ものです、あれは
人民に昔のことを分からなくさせる陰謀かも。


「障碍者」→「障害者」→「障がい者」なんてのも
どうかと思います。
戦後のGHQによる「日本人劣化計画(?)」の影響ですかね。


話がそれましたが、うちでも撮影してみました。
フィルターなんて持っていないので、感光したフィルムを
通して覗いてみると、小さいけれどバッチリ「リング」に
なっています。
kinkannisshoku1.jpg
庭木を通して写したら、上のほうの青と赤のオーブさんも綺麗!
kinkannisshoku4.jpg

アレから1年の感謝

こんなニュースが。
---------------------------------------------------------
在韓国日本大使館は11日に東日本大震災から1年となるのを前に、
9日付の韓国紙、中央日報、朝鮮日報、東亜日報に「最初に
温かい手を差し伸べてくれた韓国国民の皆さんを日本国民は
永遠に忘れない」と謝意を表す広告を掲載した。
---------------------------------------------------------
「最初?」.....ちょっと違うのでは。

---------------------------------------------------------
11日の地震発生直後にすでに隊員派遣の用意を
表明しながら、丸二日も待機を強いられた台湾の
救援隊が14日、羽田空港に到着した。
台湾側は「中国要因でしょう」(外交関係者)と受け止めている。

地震発生直後に最も早く救助隊の派遣を表明しながら、
日本政府外務省が被災者の人命救助より、中国や韓国への
配慮を優先したために、丸二日も待機を強いられた台湾。
---------------------------------------------------------
というのが事実です。

さらに、台湾からの義援金が200億円以上に達しても
頑なに報道しない日本のマスゴミ 、ということから、
いまやマスコミだけに情報を頼っていては真実は
知らされないと思っていいですね。

そういえばネットにはこんな情報もありましたね。
-----------------------------------------------------
各国のセブンイレブンに設置してある募金箱への募金額
台湾が3億円超えで断トツ1位 最下位は断トツで韓国74万円。
-----------------------------------------------------
(少なくても韓国の庶民にも感謝してますよ。)
711bokin.jpg


日本から台湾への感謝CMを交流協会が作りました。

11日から、被災者本人の出演するCMがテレビのほか、
インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」や
屋外モニター、地下鉄でも1週間放映されています。

▼「ありがとう、台湾」CM▼

謝謝台湾 日本311大震災一周年 元氣篇 30S A
http://www.youtube.com/watch?v=_avc3XTaDDM
謝謝台湾 日本311大震災一周年 元氣篇 30S B
http://www.youtube.com/watch?v=yvYqVp5Vh2k
謝謝台湾 日本311大震災一周年 元氣篇 60S
http://www.youtube.com/watch?v=gzCUXwSwmfM
謝謝台湾 日本311大震災一周年 元氣篇 4M50S
http://www.youtube.com/watch?v=rB36inEK__s


英語圏向けのこれもいい動画です。
「トモダチ作戦」については、批判の声も大きいですが、
政治的な部分はともあれ、日本に来たアメリカ兵士たちは、
皆、善かれと思って助けてくれたわけです。
コメントも是非読んでほしいです。
Arigato from Japan Earthquake Victims
http://www.youtube.com/watch?v=SS-sWdAQsYg


それに対し、中国さん、残念でした。
----------------------------------------------------
■読売新聞・中国、支援評価されず不満…トモダチ作戦の陰で
(2012年3月10日22時02分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120310-OYT1T00616.htm

 中国では東日本大震災後、中国人研修生20人を避難させ、
自身は亡くなった宮城県女川町の水産加工会社専務、佐藤充さん
(当時55歳)が「英雄」として報じられたことなどで、
日本に対する好感度が高まった。


 読売新聞が中国誌「瞭望東方週刊」と昨年10月に行った
日中共同世論調査では、中国側で日本を「信頼できる」と
回答した人が55%に達し、2010年の15%から大幅に改善された。

 だが、日本人で中国を「信頼できる」と回答した人は11%に
とどまり、「信頼できない」は実に79%に達した。
中国は震災後、ポンプ車を無償提供し、温家宝首相も被災地を
慰問に訪れたが、米国のトモダチ作戦の陰に隠れて十分に
評価されていないことに対し、特に知日派の間に強い不満が生まれた。

 中国国際問題研究所の姜躍春教授は「日中間には歴史認識や
領土問題などの解きほぐし難いわだかまりがある。
一つの事件で一気に改善できるものではない」と指摘する。
-------------------------------------------------------
それでも、どんな国といえど「庶民はいい人が多い」と思っています。
彼らもまた、今私たちとともに生き、より良き明日を願って
一生懸命生きているはずですから。



国内では、やはり自衛隊さんへの感謝に尽きますね。

「気は優しくて力持ち 〜 自衛隊の人づくり
自衛隊員たちは、被災地の過酷な環境の中で、なぜこんなに優しくできるのか。」
http://archive.mag2.com/0000000699/20120311080000001.html

若ければ自衛隊に入るんじゃが.....
大学入学時期を9月にしようという動きがあるので、
4月に卒業した高校生は全員、自衛隊に入って体と精神を
鍛え直す、というふうにすれば、亡国政権のもとでも、日本を
守れるかもしれませんね。


1日遅れとなりましたが震災から1年目を迎え、被災地、被災者の
皆様の安全と復興を心よりお祈りしています。
そしてこの世の人生を離れられた多くの魂たちが、私たちに
必ず寄り添い力添えをして頂いている事を信じ、感謝いたします。


何が起ころうと、パンドラの箱の底に残されていたのは「希望」です。

これもシンクロニシティ

先週は「偶然の一致」が嬉しい週末となりました。

9月半ばから怒涛のクラフト市シーズンで毎週末に
出掛けていたのに、先週だけぽかっと空いていました。

10/23(金)に友人の演劇を見られることになり上京、
http://www.geocities.jp/sino_ing/tomo/yumeodo2009/yumeodo.html
幻想的な舞台で異次元に誘い込まれました。

夜には前に弦楽器を買ってくれたピアニスト「ミキ_
サカタ」さんが青山のライブハウスに出演するのを
ブログで発見、初めてお会いしたのですが、店の名
「月ミル君ヲ想フ」にぴったりの音楽もお姿も
クール・ビューティーでした。
http://www.myspace.com/mikisakata


10/24(土)は船井メディアのセミナーが抽選で当たり、
「成功法則は科学的に証明できるのか?」とか、
「奇跡を起こす7つの習慣」「瞑想」などを学び、
http://www.semi271.com/human_2009_01/index.html

夜はこれまた1ヶ月前にブログ「感動した!この曲、あの曲」
に書いたばかりの筝奏者「森川浩恵」さんのライブがあるのを発見、
CDでしか知らなかったその天才ぶりをすぐ目の前で堪能できました。
http://www.morikawahiroe.com/news.html


地方に住んでいると一つのイベントのために上京するのも
なかなか決心がいるのですが、今回は四つも重なって
この流れに導いてくれたsomething greatに感謝!です。

腕時計しない

こちらに移住してきてから、腕時計をしなくなった。
家の中で仕事しているぶんには掛け時計で十分だし、楽器を弾くにもちょっと
邪魔だし、あら、電池がきれた、でしなくなった。

たまたま妻とドライブに行った諏訪の儀象堂で、時計作りの教室があったので、
簡単な腕時計にチャレンジ、文字盤にイニシャルのシールを貼り、針を取り
付けて竜頭をつけ、ふたして、ハイ出来上がり!
それから3年で、プラスチックの竜頭の頭がとれてしまったけど、まあ、
たまにしか使わないからいいさ。

夏に東京のギャラリーで手作りの腕時計をみて、また自分で作ってみようか
という気になったが、少しハードルが高い仕上げだったな。
で、調べたら、幕張と吉祥寺に教室があったので、そのうち行ってみるか。

うさうさ脳

むかしから血液型による性格の分類が困ったときの話題作りに使われていたが、
これからは右脳左脳がそれに取って代わるかもしれない。

物事をインプットする脳とアウトプットする脳が人によって違っていて、
それが組んだ指と組んだ腕のどちらが下になるかで、判断するやり方だ。

 うう脳(右脳右脳)タイプは、楽天的マイペース、
 さう脳(左脳右脳)タイプは、社交的、口達者、
 ささ脳は、まじめ、几帳面、
 うさ脳は、個性豊か、負けず嫌い、

自分はどうかというと、うう脳タイプらしい、まあ、そうかな。
理屈も好きだけどね。

論理の左脳、直感の右脳で、男性は左脳優先が多く、女性は右脳優先と
思われてきたけど、これをやるといろいろあると分かる。
うちの女性軍は「さう脳」と「ささ脳」なのだ。

mixiってどんなん?

以前から言葉はきいていたけど、いまいち内容がわからなかったので、
ネットで調べてみると(いやはや便利な時代になったもんや)、どうやら
SNS(Social Networking Service) という、まあ、インターネットで
井戸端会議をするようなものらしいことがわかった。
 
とりあえず招待状がいらないYahooのSNSに入ってみた。
自分のプロフィールと写真(ちょいと恥ずかしいが)は、正直に書いた。
で、音楽やら、美術やら、健康やら、いろいろと検索してみた。
あれ! みんなけっこう顔写真入れてないんだ。 この時代、顔も
個人情報だからな。 まあ、僕の場合は誘拐される(?)心配もないし、いいか。

YahooのSNSはまだ人数が少ないな、mixiは何百万とからしいから、話題も
多いだろうな。 いずれ、入ってみよう。 誰か招待してくれ。